2019年07月28日

四国女子サッカーリーグ 結果

四国女子サッカーリーグ 


【6チームリーグ戦・

       試合時間80分】

第1節

2019年4月21日(日)

 会場 鳴門渦潮高校グラウンド


vs鳴門渦潮高校

(0-2/1-1)1-3

    得点者 山﨑



第2節

2019年4月28日(日)

 会場 西南大規模公園人工芝


vs香川西高校

(0-0/0-0)0-0



第3節

2019年5月12日(日)

 会場 西南大規模公園陸上競技場


vs徳島文理大学

(0-0/0-2)0-2



第4節

2019年5月26日(日)

 会場 桜井ふれあい広場


vsFC今治レディース

(0-1/0-2)0-3



第5節

2019年6月23日(日)

 会場 北条スポーツセンター球技場


vs愛媛FCレディースMIKAN

(0-1/0-3)0-4




今年初めて四国リーグに出場しました。

私が思っていた以上に勝つことが難しく前期は勝ち試合が1戦もなくとても悩んだ時期もありました。


47909908-66FD-4879-8525-8700D0513DAD.jpeg

しかし、前期で自分達の出来ることや課題も沢山見つかったことはとてもいい経験になったと思います。


17721CA2-956E-43CA-A8A5-3E8F163030C5.jpeg

E5D293CD-7EDC-4FA2-B220-8D21D96C3451.jpeg

後期のリーグも始まりましたが高知学園らしい粘り強い守備やチャンスを決めきることをもっと試合の中でチャレンジしていき、四国リーグの順位を上げれるよう頑張ります。


     文章 越智れもん


15246D68-BED8-4496-8A9A-4B2BB0E6C08B.jpeg


四国リーグに参入して、自分の球際の弱さや判断の悪さ、止める蹴るの質の低さなど自分に足りないところが多く見つかりました。


7F23F12A-7AC3-4DD0-B288-4AE32A2F0F00.jpeg

県リーグと違って、なかなか勝つことができず苦しい試合が多かったけど1試合1試合自分の課題を見つけることができました。でも、勝たないといけないというプレッシャーに負け、プレーが固くなってしまいうまくいかない場面が多くなったり、怪我をしてしまって試合に出れない時もあり、悔しい結果のまま第5節が終わってしまいました。


6DEFCB6F-4D88-4F2C-B7EC-EDD50FF0CD92.jpeg
F9E7B76B-7E0A-419E-AF74-112440B4649B.jpeg

これからは、今出ている課題を着実に改善して、1試合も悔いの残ることのないように、練習から意識を高めていきま

す。また、怪我のケアもしっかりして思

う存分プレーできるように準備し、勝ち試合を増やせるようにします。


     文章 岡林沙紀 


82F55EB1-B13E-4725-A34C-11989AAC7259.jpeg
【関連する記事】
posted by 高知学園女子サッカー at 16:08| Comment(0) | 四国女子サッカーリーグ | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

大方遠征

大方遠征

2019年4月1日(月)2日(火)3日(水)

黒潮レディースCup

 会場 西南大規模公園人工芝・球技場


4月1日(月)

vs高川学園高校(山口)(0-1)


vsセレッソ大阪B (大阪)

(0-1/0-3)0-4


vsセレッソ大阪A(大阪)

(0-2/0-0)0-2



4月2日(火)

vsセレッソ大阪A(大阪)

(0-4/0-6)0-10


vsセレッソ大阪B(大阪)

(0-2/0-3)0-5


vs大阪学芸高校(大阪)

(0-1/0-2)0-3


vs宇和島南高校(愛媛)

(2-0/1-0)3-0

  得点者 藤原・森田和伽2



4月3日(水)

vs大阪学芸高校(大阪)

(1-0/0-2)1-2

  得点者 安岡


vs高知ユナイテッド(高知)

(1-0/0-0)1-0

    得点者 森田和伽


vsセレッソ大阪B(大阪)

(0-3/0-1)0-4


vs宇和島南高校(愛媛)

(0-1/1-0)1-1

  得点者 岡林柚葉

     ↓

    PK戦(4-3)



レベルが高いチームであっても自分達に出来ることはゼロではないということがわかった試合だった。

大阪学芸戦では自分達らしいサッカーができたが、最後のツメが甘く逆転負けしてしまいそこを改善出来ないと勝ちは取れないと実感することができた。


ACF957A6-1C17-4304-851C-A7ABB679F8BB.jpeg

1207C9A1-84C6-4A91-A7EF-2CDDEBFC9B24.jpeg

セレッソ大阪戦では試合をしながらも沢山の事を学び個の大切がよくわかった試合だった。


5BDEF72A-234B-47EA-BEDF-FD183CE63B45.jpeg

またこの大会では審判もさせてもらった。普段とは見る視点を変え自分が試合を進める事で、不安に思うことや自信のない部分を経験することができ審判の方への感謝の気持ちがより大きくなった。


     文章 森田果歩



この遠征では厳しい試合もありました。あまりいい結果が残せず凄く悔しかったです。


68C8A06B-3512-4720-B289-956757F9B731.jpeg

1日目で私が思ったチームとしての反省は声掛けが少なかったことやパスが仲間の足の前にピッタリとコントロールが出来ていなかったことです。

この反省点は日頃の練習からだと思いました。なので日頃からパスを正確に出せるように考え、意識して練習に取り組みたいです。


12D27D70-49B9-4474-8408-1565E8222788.jpeg

私自身の反省点は、相手に簡単にシュートを打たせてしまったことです。

もっと詰めるのを早くしシュートコースを切りながらプレッシャーに行ったり、間に合わなかったらスライディングをしたら良かったなと後悔がありました。

今回の後悔を次はしないようにしたいです。


624A5C6B-E5BA-4163-8BA5-91E748236183.jpeg

35C47678-D329-4AFB-9694-23E887BBAEA0.jpeg

皆でミーティングをして2日目以降の試合では難しい試合もあったけど話し合ったことが改善できた部分もあり良くなったと私は思いました。

この遠征はいい経験が沢山できました。

次の試合にも繋げて行きたいです。


     文章 武内晴佳


1F74F304-3D0C-473F-9695-3F9F45DCA455.jpeg
posted by 高知学園女子サッカー at 21:25| Comment(0) | 遠征 | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

TRM 結果

トレーニングマッチ 結果


2019年3月26日(火)

 会場 高知小学校グラウンド


vs高知高校(男子)

  (15分×4)


1本目(1-1)

  得点者 山﨑


2本目(2-2)

  得点者 武内・山﨑


3本目(1-2)

  得点者 山﨑


4本目(2-1)

  得点者 岡林沙紀・岩原



2019年3月26日(火)

 会場 高知商業高校グラウンド


vs高知商業高校

  (25分×3)


1本目(1-1)

  得点者 安岡


2本目(1-0)

  得点者 野町


3本目(0-0)



2019年3月27日(水)

 会場 高知小学校グラウンド

  

vs高知高校(男子)

  (15分×5)


1本目(1-0)

  得点者 山﨑


2本目(1-0)

  得点者 安岡


3本目(2-4)

  得点者 山﨑2


4本目(2-4)

  得点者 安岡2


5本目(1-0)

  得点者 越智



2019年3月27日(水)

 会場 桜井海浜ふれあい広場


vsFC今治

  (30分×3)


1本目(0-0)


2本目(1-1)

  得点者 中島


3本目(1-0)

  得点者 岡林柚葉




326

【感想】

相手が男子だったから、スピードについていけない時もあったり、裏を取られてしまったりした。自分たちはパスがあまり繋がらなかったが、ゴールを目指す意識があったので、よかった。

【思ったこと】

8人制でスペースが結構空いていたけど、上手く使えなかった。


CC2C41E2-4036-4E62-8588-8261CA167577.jpeg

【今後どうするか】

味方と相手の位置を見てスペースを有効に使ったり、攻守の切り替えを早くすることで男子のスピードでも対応がしやすくなると思う。


327

【感想】

昨日やった相手だから特徴はある程度分かってゴールへのチャンスも増えた。相手がボールを持っている時、ボールに目が行きすぎて逆サイドの裏を使われたりしていた。

【思ったこと】

相手が裏へ抜け出した時の対応が出来ていない。


5E0894D3-A360-450D-8E24-30E6060B89B9.jpeg

【今後どうするか】

相手の次の動きを予想して自分の位置を確かめたり、相手がロングボールを蹴りそうだったら対応出来る準備をしたりするといいと思った。


    文章 脇坂芽依



高知高校のAチームとやったときは、体のがたいや、足元などが女子とは全く違うなと思い、男子と女子は違うとは思ったけど、体幹の強さなどお手本にさせてもらいたいと思いました。


0B417CBA-F5D0-49F0-B31A-D7DC9AD9D3CC.jpeg

高知商業Bとやったときは、試合の後シュート練習などがあり、疲れた後にやる練習はいつもと全然違うくて、キックが普通の練習のときより蹴ることが出来たので、普段から時間があったら練習の前にはボールを蹴ろうと思いました。


8A10E74E-41D8-4785-BDA0-99122B57D8F9.jpeg

遠征でFC今治とやったときは、レベルが全然違うくて、同じ女子サッカーとわかっていても仕方ないと思ったりしたので考え方を変えようと思いました。


477B15BF-570A-41C7-9E6A-4AD3DDA783CF.jpeg

B8D01C86-9148-46CC-B17D-862F7585FD7C.jpeg

FC今治にちょっとでもレベルが追いつけるように、来年のU―15は最上級生として今から日々の練習を積み重ねていきたいと思いました。


     文章 山本あいり


posted by 高知学園女子サッカー at 14:23| Comment(0) | TRM【練習試合】 | 更新情報をチェックする