2019年07月19日

TRM 結果

トレーニングマッチ 結果

2018年12月25日(火)
会場 西南大規模公園
vs長岡京SC(京都)
(3-0/0-0)3-0
    得点者 安岡2・山﨑

vs長岡京SC(京都)
(7-0)
    得点者 間城・山﨑2・岩原2・安岡2

2019年1月6日(日)
会場 伊野中学校G
vs伊野中学校(30分)
(1-5/0-0)1-5
    得点者 山本桃

2019年1月23日(水)
会場 桜井海浜ふれあい広場G
vsアカデミー今治
(25分×4・20分×2)
(0-1/1-2)
    得点者 山﨑(A脇坂)

(0-0/0-0)0-0

(0-3/0-0)0-3

2019年1月27日(日)
会場 青柳中学校G
vs青柳中学校(25分×5)
(0-1/1-1)1-1
    得点者 松下

(0-1/2-1/0-1)2-3
    得点者 中島・野町

2019年2月2日(土)
会場 中土佐町大野運動公園G
vs高吾レディースU-12(15分×10)
(0-0/1-0)1-0
    得点者 中島

(3-0/0-0)3-0
    得点者 松下2・山本桃

(0-0/1-0)1-0
    得点者 中島

vs伊野ライジングU-12
(0-1/0-0)0-1

(2-0/0-1/1-1)3-2
    得点者 岩原2・池

2019年2月16日(土)
会場 高知商業高校G
vs高知商業高校(30分×4)
(1-0/5-0)6-0
    得点者 藤原・脇坂2・松下・森田和伽・山﨑

(4-0/3-0)7-0
    得点者 中島3・池・練習生(今井)3

2019年2月23日(土)
会場 伊野中学校グラウンド
vs伊野中学校(30分ハーフ×2)
(2-3/0-0)2-3
    得点者 岡林・谷岡

(3-3/0-3)3-6
    得点者 池・松下・中島


伊野中学校との試合
最初の方は全体的に球際に強くいけていなくて相手に攻められることが多かったですが、試合中やハーフタイムなどで話し合って少しずつですが改善できたと思います。


33CFB35B-C0EF-4FBE-8BD3-518AE004B65E.jpeg


青柳中学校との試合

よく練習試合などをさせてもらってる相手で、相手の特徴などは何となく把握していましたが自分達のボールを取りにいくタイミングが遅かったり、守備の受け渡しがスムーズにできなくて攻められることが多かったです。攻撃もパスは繋がるもののフィニッシュまで行き切れませんでした。


48EE29C8-C692-44E7-89AF-EFE4C02D29AC.jpeg


アカデミー今治との試合

負けてしまいましたが意図を持ってプレーすることができました。シュートまで行くことは少なかったですが、裏へ抜けるパスも出せ、走れていました。

もう少し中に通すパスを出す回数を増やしたいです。


0A3CD563-152F-4D46-ACE6-A527EF59ED26.jpeg


高知商業高校との試合

裏への抜け出しは出来ていましたが、細かいパス回しやライナーでのロングパスがあまり通すことが出来ませんでした。もう少ししっかりパスを繋ぐことを意識して取り組んでいきたいです。


     文章 門脇波希




   私は、アカデミー今治と試合をしてまだ足りない部分や自分への課題が見つかりました。

   一つは、パススピードを速くすることです。今治の選手は、とてもパススピードが速く正確でした。そのうえ、トラップも上手で次どこに行くのかが予測しずらくて思い通りのプレーが出来ませんでした。なので私達も日頃の練習から意識して「止める・蹴る」を心掛けたいです。


B064384F-2890-4D04-BD58-46CF6A0782ED.jpeg


   もう一つは、守備の粘り強さやプレッシャーの速さが速いことです。プレッシャーを掛けられた時、競り合いで当たり負けしたりすぐに倒されてしまってボールを奪われる事が多かったので当たり負けしないように体幹を強めていきたいと思いました。


89BA8DFB-921A-47F6-AC8B-38E3B419EF7E.jpeg


   相手の中盤の選手は周りが見れていて裏へ抜け出した人に浮かしたボールを出すことが多くて準備が出来てなくて相手について行けなかったり、相手が蹴ったロングキックやゴールキックなどの空中にボールがある時の処理や、相手より球際の強さが弱いという事に悔しく思いました。でも、1人の相手に対して囲むように23人と奪いに行けた所があるので続けていきたいなと思います。


D7AA00C9-D79F-42E2-8699-3D8D860C3295.jpeg


   これからはこの試合で学んだように、練習でコントロールやパスの精度、守備の粘り強さなどを強くし、それがほぼ完璧な状態で試合に望めるようにする事が大切だと思うので、日々の取り組みを積み重ねて思い通りのプレーが出来るようにしたいです。

 

     文章 池惟吹

posted by 高知中学高等学校 女子サッカー at 16:40| Comment(0) | TRM【練習試合】 | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

四国女子リーグ参入戦

愛媛遠征

2019年1月19日(土)20日(日)

四国女子リーグ参入戦

  会場 北条スポーツセンター陸上球技場



1月19日(土)


vsコーマレディース.アザレア(香川)

(1-0/2-0)3-0

    得点者 山﨑・谷岡・小嶋

    アシスト 岡林

              


1月20日(日)


vsFC今治ひうちレディース

(0-0/0-3)0-3





この試合の前日に高校2年生は修学旅行から帰ってきました。学校へ帰ってきて5人で練習をしました!疲れているはずなのに一生懸命頑張っていました👏


4087BB0F-CB86-4F90-A98A-5331C447C0D3.jpeg




コーマレディースアザレア戦では自分の課題がたくさん見つかった試合でした。パススピードや味方との距離などといった課題がたくさん見つかりました。


F1C6210F-CCD1-4065-AD7C-4A489C0160EA.jpeg
470FCAD1-9ED4-4FB8-BE4C-130A5AA6A272.jpeg

私は普段の練習から出来ていないことなのでもっと練習しなくてはいけないと思いました。自分の課題が1つでも消せるよう日々の練習を頑張りたいと思いました。もっと自分が楽しいと思うサッカーをしたいと思いました。


    文章 藤原みなみ






この日はコンディションもよく、試合前から監督が面白いアップをしてくれてみんなのモチベーションもあがったまま試合に望めて、とてもよかった試合でした。自分は途中から交代として出場しました。1点は決めたいなと思い、トップとしてボールに絡みました。すると、左サイドで沙紀ちゃんがボールをもち、相手を綺麗にまた抜きして、ゴール前に強いパスをだしてくれて、それに合わせて私が点を決めることができました。その時はとても嬉しかったです。


045C45AB-B379-4DCD-9348-5602A0D68FB7.jpeg
1EFE294F-5387-4591-A48A-CD3E89EBC7B6.jpeg

今後も高知学園女子サッカー部として仲間と共に1試合1試合を大事にし、勝っていきたいと思います。


    文章 谷岡れみ

posted by 高知中学高等学校 女子サッカー at 18:00| Comment(1) | 遠征 | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

なでしこ交流試合in関西

大阪遠征
2018年12月26日(水)27日(木)28日(金)
なでしこ交流試合in関西 
会場 J-GREEN堺(大阪)


3月26日(水)
vs聖カピタニオ高校(愛知
(0-1/1-2)1-3
    得点者 森田和伽

vsピスカリッサ堺(大阪)
(0-1/1-0)1-1
    得点者 谷岡

vs文京学院中学校(東京)
(5-0/0-0)5-0
    得点者 青木2・安岡2・岡林

3月27日(木)
vs山陽高校(広島)
(0-1/2-0)2-1
    得点者 山﨑・藤原

vs京都精華学園中学校(京都)
(0-0/0-0)0-0

vsCANACRAVO(千葉)
(0-0/1-1)1-1
    得点者 青木

3月28日(金)
vs福岡大学付属福岡高校(福岡)
(0-0/0-0)0-0

vs開志学園高校(新潟)
(0-0/2-0)2-0
    得点者 山﨑・松下

vs香川西高校(香川)
(0-2/0-3)0-5

B34BEF15-1B82-483D-A8D3-D7A4018B10F3.jpeg

12月26日〜28日の3日間で大阪遠征に行きました。先月行われたU-18クラブユース選手権四国予選で体感した実力差を踏まえた上で、この1ヶ月何を意識して、どう過ごすかを考え望んだ遠征でした。
対戦相手は、インターハイや選手権に出場している高校が多く、カテゴリー別代表選手を含むチームもありました。自分たちの今の実力を試せる良い機会だと思い、とても楽しみでした。
試合では、個の能力が高く1人で打開してくる相手に対して対応するのが難しいときは、2人3人と人数を増やして上手く対処することを試みました。ですが、プレッシャーの速さや、球際が強いなかで、守備から攻撃に切り替わる際に、自分たちの精度の低さを痛感しました。コントロール1つ、パス1本にしても、もっともっと思ったように止める、蹴れることが大切だと思います。

20CAC1CA-E35F-4338-818F-37BAC06F617D.jpeg
来年度はインターハイ、選手権への出場資格があります。自分たちの求める結果を残せるように、この遠征で経験したこと、感じたことを日々行動に移していきたいです。
    文章 森田和伽



今回の遠征では、チームプレーを意識し自分自身の考えをもって積極的にプレーすることを目標としてきました。
私自身は、その目標に対して前向きに取り組むことが出来ましたが反省点も多々あります。各チームでのミーティングでは選手それぞれに思っている意見を出し合いました。また1試合1試合の目標を決め、その目標に達成する為に本気で取り組めたと思います。

8798A807-38CD-4170-BA8D-601E14E60678.jpeg
普段戦えないチームと試合が出来て、パススピードや体幹の強さ、キック力などが私たちとは違っていました。それでも私達はこの速さなどに耐え抜くことが出来ました。攻撃の部分でも積極的に裏を狙ってシュートまで繋げることが出来ました。守備の部分でもみんな最後まで諦めることなく体を張って闘いました。でも、まだまだ足りない部分があり、私達も他のチームに負けないくらい練習しないといけないなと実感はしました。
9285D50F-C8CB-4F72-806E-9CBECCF7C89F.jpeg
来年からは、高校選手権に出場するので、この大阪遠征で学んだ事を生かして自チームで精一杯練習に励み、全国に通用するようなサッカーが出来るよう日々の練習を頑張りたいです。チーム一丸となり、みんなの気持ちを分かち合えるようになって意図のあるサッカーをしたいです。そして、目標としている日本一を取りたいです。     
    文章  小嶋彩帆里

669D53CB-5A15-4ADF-855F-88DCBBBAA0E1.jpeg
posted by 高知中学高等学校 女子サッカー at 18:07| Comment(0) | 遠征 | 更新情報をチェックする